第1条(目的)

本利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、非営利団体タダカヨ(以下、「当団体」といいます。)が提供する介護情報サイト(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。お申込者様(以下、「利用者」といいます。)は、本規約に従って、本サービスをご利用いただきます。

第2条(包括的同意・本規約の適用)

1, 本規約は、利用者と当団体との間の本サービスの利用に関わる関係に適用されるものとします。

2, 当団体は本サービスに関し、本規約のほか、ご利用にあたってのルール等、各種の定め(以下、「個別規定」といいます。)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。

3, 本規約の内容と、前項のルールその他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第3条(本サービスの概要)

1, 本サービスは、下記各号の内容を示すものとし、利用者は本サービスを利用するにあたり、当団体からのご案内パンフレット等をご確認いただくものとします。

(1)「無料ITツール普及事業」 事業運営に有益なコンテンツのご案内(コンテンツのダウンロードのご案内)。

(2)「介護職員の学習・教育支援事業」 オンライン上のセミナーや学習コンテンツのご案内。

(3)「介護施設ニーズとソリューション提供企業マッチング事業」 利用者と一般企業のマッチングのご案内。

第4条(本規約の改定)

当団体は、当団体が必要だと認めた場合は、本規約を変更できるものとします。本規約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期及び内容をこのウェブサイト上での掲示その他適切な方法により周知し、または利用者に通知します。但し法令上利用者の同意が必要となるような内容の変更の場合は、当団体所定の方法で利用者の同意を得るものとします。

第5条(利用者登録手続)

1, 本サービスにおいては、登録希望者が本規約に同意の上、当団体の定める方法によって利用登録を申請し、当団体が利用承認の旨を登録希望者に通知することによって、利用登録が完了するものとします。

2, 当団体は、利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については開示義務を負わないものとします。

(1)本規約に違反したことがある者からの申請である場合

(2)18歳未満である者からの申請である場合

(3)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、また資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行なっていると当団体が判断した場合

4, その他、当団体が利用登録を相当でないと判断した場合

第6条(パスワード及びユーザーIDの管理)

1, 利用者は、自己の責任において、本サービスに関するパスワード及びユーザーIDを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。

2, パスワードまたはユーザーIDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は利用者が負うものとし、当団体は一切の責任を負いません。

第7条(情報の正確性)

1, 利用者は当団体に対し、利用者の情報が真実であることを保証するものとし、利用者が虚偽の報告を行ったことによる、利用者の損害について当団体は一切の責任を負わないものとします。

2, 利用者は当団体に対し、登録情報の変更があった場合には、速やかに通知するものとします。

第8条(一般的禁止行為)

1, 利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

(1)法令または公序良俗に違反する行為

(2)犯罪行為に関連する行為。

(3)当団体、本サービスの他の利用者、または第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為

(4)当団体のサービスの運営を妨害するおそれのある行為

(5)不正アクセスをし、またはこれを試みる行為

(6)他の利用者に成りすます行為

(7)当団体のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為

(8)当団体、本サービスの他の利用者または第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉その他の権利または利益を侵害する行為

第9条(秘密情報の取り扱い)

1, 利用者は、本サービスに関して知り得た当団体の秘密情報を第三者に提供、開示、漏洩をしてはならないものとします。ただし、次の各号のいずれかに該当するものについては、この限りではないものとします。

(1)開示を受けた際、既に自己が保有していた情報。

(2)開示を受けた際、既に公知となっていた情報。

(3)開示を受けた後、自己の責めによらずに公知となった情報。

(4)法令の定めに基づき官公庁から開示を強制された情報。

第10条(違反行為等に対する措置)

当団体は、利用者が本規約の各条項のいずれかに違反することにより損害を被ったときは、利用者に対し、その賠償を請求します。

第11条(利用制限および登録抹消)

1, 当団体は、利用者が以下のいずれかに該当する場合には、事前の通知なく、利用者に対して本サービスの全部もしくは一部の利用を制限しまたは利用者としての登録を抹消することができるものとします。

(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合

(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

(3)当団体からの連絡に対し、一定期間返答がない場合

(4)本サービスについて、最終の利用から一定期間利用がない場合

(5)その他、当団体が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

2, 前項各号のいずれかに該当した場合、利用者は、当然に当団体に対する債務について期限の利益を失い、その時点において負担する債務を直ちに一括して弁済しなければなりません。

第12条(退会)

1, 利用者は、当団体所定の手続の完了により、本サービスから退会し、自己の利用者としての登録を抹消することができます。

2, 退会にあたり、当団体に対して負っている債務がある場合は、利用者は、当団体に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当団体に対して全ての債務の支払いを行わなければなりません。

第13条(連絡方法等)

利用者と当団体との間の通知または連絡は、当団体の定める方法によって行うものとします。当団体は、利用者から、当団体が別途定める方式に従った変更届け出がない限り、現在登録されている連絡先が有効なものとみなして当該連絡先へ通知または連絡を行い、これらは、発信時に利用者へ到達したものとみなします。

第14条(本サービスの中断・停止等)

1, 当団体は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、利用者に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合

(2)地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合

(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合

(4)その他、当団体が本サービスの提供が困難と判断した場合

2, 当団体は、本サービスの提供の停止または中断により、利用者または第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、責任を負わないものとします。

第15条(免責事項)

1, 当団体は、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。

2, 当団体は、本サービスに起因して利用者に生じたあらゆる損害について一切責任を負いません。

3, 当団体は、本サービスに関して、利用者と他の利用者または第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第16条(利用者情報等の取扱い)

1, 当団体による利用者の利用者情報の取扱いについては、別途に定める当団体プライバシーポリシーによるものとし、利用者はこのプライバシーポリシーに従って当団体が利用者の利用者情報を取扱うことについて同意するものとします。

2, 当団体は、利用者が当団体に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当団体の裁量で、利用及び公開することができるものとし、利用者はこれに異議を唱えないものとします。

3, 当団体は、サーバの稼動状況や統計障害情報の分析、利用者利便性向上のためのサイトマーケティングへの利用を目的として、Google Analytics等を使用し、利用者のアクセスログの収集・解析を行い、利用者は、この利用者のアクセスログの収集・解析について同意するものとします。

4, 当団体は、利用者が本サイトにおいて資料を閲覧もしくはダウンロードする場合、本サイト専用画面を通じ、その資料等の提供元(当該提供元から委託を受けた者を含み, 以下、併せて「提供元」といいます。なお、所属企業ではなく、企業に所属する個人が提供元である場合もあります。)へ、次の項目の会員登録情報が開示されます。利用者は、会員登録情報の提供元への開示に同意できる場合にのみ、本サービスを利用するものとします。 提供される情報【氏名、電話番号、メールアドレス、会社の名称、業種、所属部署、役職(決裁権の有無も含みます。)、職種等、利用者が所属する会社に関する情報、閲覧またはダウンロードした資料の内容、当該資料掲載情報に関する検討状況】

5, この他、利用者が当団体の各種サービス利用登録時に当団体に送信した情報、利用者が当団体の各種サービスを利用するために登録情報のほかに追加で送信した情報、全利用者のサービスの利用状況に関する情報は、当団体のデータベース(以下、「DB」といいます)に蓄積され、DBは当団体にその権利が帰属します。利用者は、当団体がDBを当団体のプライバシーポリシーに定める利用目的の範囲内で当団体が提供する各種サービスの運用に利用できることを承諾します。

6, 提供元の利用者登録情報の利用、取り扱い、情報の漏洩その他一切の問題については、利用者と提供元が直接に解決するものとし、当団体は、この問題に起因する利用者または提供元の損害について、何ら責任を負うものではありません。

第17条(Cookie情報等の取扱い)

1, 当団体は、アクセス履歴および利用状況の調査のため、 その他利用者に最適のサービスを提供するために、 利用者が本サービスのサーバーにアクセスする際のIPアドレスに関する情報、 携帯電話端末でアクセスしたユーザにおける携帯端末の機体識別番号に関する情報、 およびクッキー(Cookie)の技術を使用して取得した利用者のアクセス履歴等に関する情報、を収集します。 利用者がブラウザでクッキー(Cookie)を拒否するための設定を行った場合、 本サイトのサービスのご利用が制限される場合があります。

2, クッキー(Cookie)とは

クッキー(Cookie)とは、Webサイト側が利用者の閲覧情報等のデータを利用者のコンピュータに保存させる仕組みであり、サイトの利用状況等を把握し、表示するコンテンツを最適化するために利用されています。利用者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、Webサイト側はユーザーのブラウザからCookieを取得できます。利用者のブラウザは、プライバシー保護のため、Webサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。

3, クッキー(Cookie)の用途

当団体は、本サイトの利用状況の把握、利用者のプライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信、及び統計データの取得のため、Cookieを使用します。広告の配信に際しては、第三者への委託に基づき、第三者を経由して、Cookieを保存し、参照する場合があります。また、当団体は、CookieやJavaScript等の技術を利用して、利用者登録時等に提供いただいた情報のうち年齢や性別、職業や、居住地区など 個人が特定できない属性情報(組み合わせることによっても個人が特定できないものに限られます)や、サイト内におけるユーザーの行動履歴(アクセスしたURL、コンテンツ、参照順等)を取得することがあります。

第18条(分離可能性)

1, 本規約のいずれかの条項またはその一部が、法令に基づいて無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

2, 本規約等の規定の一部がある利用者との関係で無効とされ、又は取り消された場合でも、本規約等はその他の利用者との関係では有効とします。

第19条(準拠法・管轄裁判所)

1, 本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。 2, 本サービスに関して紛争が生じた場合には、当団体の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

以上

【令和2年9月8日制定】