タダカヨ

お金をかけずに

より良い介護へ


非営利団体タダカヨ(NPO法人認証申請中)
団体代表 佐藤拡史

タダカヨのホームページにお越し頂きありがとうございます。

当団体は、介護業界のIT活用を支援する非営利団体(NPO法人認証申請中)です。

現在、国内24万件の介護事業所の大多数が、「人手不足で現場が回らない」という問題を抱えています。その影響で、介護士は、時間が無くてやってあげたいケアが行えず、また高齢者はやって欲しいケアが受けられない、そのような状況が日本中で多発しています。

一方で、「社会保障費の著しい増加」も問題となっています。日本の介護関連社会保障費は、高齢化の影響で毎年3千億円ずつ増加しており、年間約10兆円の規模まで膨らんでいます。その影響で、多くの介護事業所は、十分な介護報酬を得る事ができず、職員の待遇改善や定着を進められずに苦慮しています。

この2つの問題を“同時に”解決していく為に、わたしたちは、「無料もしくは低コストのITを使って、お金をかけずに介護をより良くする活動」を行っています。進化と競争が著しいIT業界では、高機能かつ低価格の新しいサービスが日々生まれています。中には、ウェブ会議ツール、ビジネスチャット、勤怠管理アプリのように、介護業務の効率化や高齢者の生活の質の向上に繋がる有益な“無料”のツールも多数含まれています。私たちは、新型コロナウイルスが流行した際、無料アプリのZOOM・LINEを使った「オンライン面会マニュアル」を制作して無償公開しました。これまで2,000人以上の方にダウンロードして頂き、またオンライン面会に関する電話・メールなどの個別相談にも応えて参りました。今後、私たちは、活動をさらに発展させ、日本中の介護に関わる人たちをより一層サポートしていきます。

その結果、
高齢者は、やって欲しいケアが受けられる、やりたい事を最期まで諦めない未来。
介護士は、もっと待遇が良くなり、やってあげたいケアができる未来。
介護事業所は、経営基盤が安定し、より良い事業経営ができる未来。
日本の社会保障は、将来に渡って安定かつ持続している未来。

わたしたちは、そのような未来の実現に貢献していきます。

非営利団体ダダカヨ(NPO法人認証申請中)
団体代表   佐藤 拡史