9/17(土)令和4年度公開講座 いつまでも自分らしく 〜コロナ禍で考える在宅・看取り・介護・医療〜

概要

 講師の佐々涼子氏は、2020年『エンド・オブ・ライフ』で第3回YAHOO!(ヤフー)ニュース本屋大賞、ノンフィクション本大賞を受賞されました。
 本日のテーマは、「いつまでも自分らしく 〜コロナ禍で考える在宅・看取り・介護・医療〜」です。新型コロナウイルス感染拡大は、既に3年目となっております。病院では面会制限も続いております。このような状況の中で、終末期の患者とそのご家族は、病院に残るか在宅医療を選ぶかという選択を前にして、不安な思いを抱えます。終末期医療や在宅医療、介護は、多くの方にとって身近なことでありながら、そのことに直面するまで、医療制度や、在宅医療の仕組など、知る機会があまりないのではないでしょうか。
 そこで、コロナ禍における在宅医療や終末期の過ごし方について、患者、家族それぞれがその人らしい時間を送るために、終末期医療、在宅医療、介護について考えるきっかけとなればと考え企画いたしました。

【日時】9/17(土) 13:30~15:30

【開催方法】Zoomウェビナー

【対象】保健・医療・福祉の各領域の現任者

【お申込み】

URLまたはQRコードより事前登録をお願いします
*事前登録にはメールアドレスが必要です
*事前登録により申込完了となります