【10月11日13時~】「IMADOKO」活用術オンラインセミナー 人生の最終段階をサポートするチームで今後の見通しを共有するための現状確認ツール「IMADOKO」を活用しよう!

<参加費> 5,500円(税込)

<日時> 2020年10月11日      13時0分 ~ 15時0分

<対象者> 施設・在宅  医療・看護・介護・ケアスタッフ 【定員】30名

<主催> 株式会社WinWin

<内容の抜粋> 

【サブタイトル】
人生の最終段階をサポートするチームで今後の見通しを共有するための現状確認ツール「IMADOKO」を活用しよう!

【セミナーのポイント】
・看取りに向けた現状をどうとらえるのか
・「IMADOKO」を臨床の現場でどのように活用しているのか
・チームで今後の見通しを共有するとどんなメリットがあるのか
・ホスピスの現場の豊富な経験からお話しします。

【講師のご紹介】
大井 裕子 (緩和ケア医師)
社会福祉法人聖ヨハネ会桜町病院 在宅診療部長
広島大学医学部 客員准教授
日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック 臨床教授
東京医科大学 非常勤講師
はつかいち暮らしと看取りのサポーター 代表

著書:〈暮らしの中の看取り〉準備講座 中外医学社 2017年

【内容/企画要旨】
病院に限らず在宅や施設で療養する方の中には癌の方が増えているが、急な病状の変化に戸惑う医療介護者も少なくない。この講座では患者や家族を支えるチームで共有しておきたい現状確認ツールIMADOKOについてその活用法を解説する。

【プログラム】
【講義】
●がんの看取りに向けた現状をどうとらえるのか
●「IMADOKO」を臨床の現場でどのように活用しているのか
●チームで今後の見通しを共有するとどんなメリットがあるのか
※質疑応答