【10月10日10時30分~】田原久美子氏の医療と介護のスムーズな連携で暮らしを支えるための入退院支援セミナー

<参加費> 5,500円(税・製本済手元資料代込み)

<日時> 2020年10月10日      10時30分 ~ 12時30分

<対象者> 医療と介護の連携に携わる方

<主催> 日本通所ケア研究会

<内容の抜粋> 

【開催のねらい】
前回の診療報酬改定により、入院前から退院後の生活を見据えた退院支援や医療分野・介護分野の多職種連携強化など、入退院支援が推進されています。さらに2020年の診療報酬改定では、退院支援・在宅復帰に関わる看護師はより重要な役割を担うこととなります。スムーズな入退院を促し、患者本人が望む暮らしの実現に繋げていくための、病棟看護師・施設看護師それぞれの役割と支援について学びます。

【セミナー内容】
・生活期(施設・在宅)看護師は何を知らなければいけないのか
・病院側と上手に連携するための工夫
・医師主導の退院支援にどう立ち向かう
 (医師とうまくやっていくために)
・薬局や病院との調整の工夫
(施設看護師の業務を増やさないために)
・「病棟看護師」と「生活期看護師」の感覚の違いに対応する
・コミュニケーションスキルを磨こう
・病院看護師にわかりづらい介護施設や在宅介護の現状をうまく伝えるために
・「看取り」を支援する看護師として、どんな支援が重要?
・施設や病院で「看取り」をするために必要なこと
・「看取り」のできない施設から「看取り」のできる施設へ向けて何が必要?

【講師紹介】
田原 久美子 氏(社会福祉法人祥和会 地域密着型特別養護老人ホーム五本松の家 施設長)

【参加方法】
・お申し込みをいただいた方には開催1週間前に「手元資料」と「招待URL・パスワード・接続方法説明書」をお送りいたします
・参加者には「振り返り受講」、欠席者には「見逃し配信」を期間限定でいたします
・開催前日、前々日のお申し込みの場合、事務局にて製本した資料がセミナー開催までにお届けすることが難しい場合がございます。その場合は、後日製本資料は郵送させていただき、セミナー当日はPDFデータでご受講いただく形となります