~6月20日(月)口ストレッチ/排泄ケア/地域共生社会(CareTEX365新着ウェビナー)※期間限定視聴

概要

[1]噛む・飲み込むの機能を鍛える「口」ストレッチ 〜生涯おいしく、楽しく、美しく口から食事をするために〜
講師:日本大学 歯学部 摂食機能療法学講座 教授 植田 耕一郎氏
一旦は経口摂取を断念しなくてはならない場合、経口摂取を再開する際の摂食嚥下にかかわる機能の基準や食事形態の基準について検討し、21世紀の健康観について提案いたします。

[2]排泄ケアにおけるアセスメントの重要性 〜処理からケアへの転換〜
講師:NPO法人日本コンチネンス協会 首都圏支部長 牧野 美奈子氏
排泄ケアはルーティンワークで処理をするケアと捉えがちです。現在のケアが最良最善であるかの検証は適切なアセスメントによって実証されると思います。排泄の基本知識は当然必要ですが、今回は具体的なアセスメント方法を再確認して根拠のあるケアの実践に結びつけて頂きたいと思います。

[3]地域包括ケアと地域共生社会はどこへ向かうのか? 〜コロナ禍がもたらした影響と変化〜
講師:福祉ジャーナリスト 浅川 澄一氏
コロナウイルスの陽性患者はすぐに保健所の管理下に置かれてしまう。それまでの地域での医療と介護で関わってきた関係者は置いてきぼり状態となる。本来、地域包括ケアの医療・介護専門職や地域の知人友人による継続した生活支援が成されるべきだろう。

参加対象 介護・高齢者施設、在宅介護事業者、病院・リハビリ施設等の経営者、職員、ケアマネージャー、管理栄養士等の方々

参加費  無料 ※事前に会員登録が必要です