6/16(木),20(月),23(木),24(金) 次世代介護機器公開見学会

概要

東京都福祉保健財団では、介護事業所の皆様を対象として次世代介護機器(介護ロボット)を効果的に導入するための普及啓発事業を実施しています。
本見学会では、オンラインによる施設内見学のほか、次世代介護機器の導入に関する事例紹介や効果、体験談等を、経営者視点と従事者視点で見学施設の職員から講話いただきます。当日は以下の内容を予定しています。

・オンラインによる施設内見学
・見学施設による導入・使用しての効果や事例の紹介
・現場職員の声(次世代介護機器導入にあたっての体験談等)
・質疑応答 など

〇対象施設
都内に所在する特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・有料老人ホーム

〇対象者
(1)運営法人の経営者又は施設長
(2)現場で中心的な役割を果たす職員(介護主任や生活相談員等)
(3)その他、次世代介護機器の導入及び使用に関わる職員
※ 次世代介護機器の使用は、介護職員の負担軽減や利用者の自立支援に繋がることが期待されるとともに、施設や法人の経営にも関わります。そのため、できる限り(1)及び(2)の方が一緒に御参加いただくことを御検討ください。

〇募集数
各回15施設程度といたします。
オンライン参加は1施設1端末での参加となります。申込み多数となった場合は、抽選で参加の可否を決定いたします。抽選の結果については、メールにてお知らせいたします。

〇申込方法
「介護現場改革促進等事業オンライン受付システム」にログインし、施設・事業所毎にお申込みください。「介護現場改革促進等事業オンライン受付システム」については、当財団ホームページをご覧ください。


〇参加決定後の流れ
参加可能の方については、締切後下記の日程(予定)までに、ZOOMミーティングコード等が記載された「参加決定票」をメールでお送りいたします。

「参加決定票」送付日(予定):令和4年6月1日(水)