【1月25日 18時~21時】オンライン【ユニリハ】車椅子住環境リスクマネジメントセミナー 〜車椅子管理とリスクの視点〜

<参加費> 4,980円(税込)

<対象> 看護師 、 理学療法士 、 作業療法士 、 介護福祉士 、 ケアマネジャー

<日時> 2021年1月25日      18時0分 ~ 21時0分申込み期限2021年1月21日

<主催> 日本ユニバーサル リハビリテーション協会

<内容の抜粋>

日程 2021年1月25日      18時0分 ~ 21時0分申込み期限2021年1月21日

対象者 看護師 、 理学療法士 、 作業療法士 、 介護福祉士 、 ケアマネジャー
定員 5名実施都道府県オンライン実施場所・会場等本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。

インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
 1.お申し込みの方には、開講前に視聴リンク(URL)をお知らせいたします。
 2. URLからアクセスし、 それぞれの端末から接続をお願いいたします。内容講師は車椅子製造メーカーに在籍していた技術者&作業療法士だから全国の車椅子リスク事情に精通

「車椅子の整備不良からアクシデントが発生してしまった」
「車椅子管理はどうしたらいいのか・・・」
「どこをどう調整すればいいんだ?」
「リスクへの職員の意識が薄い」

などなど、このような問題が職場に溢れていませんか。
全国的に、しかも慢性的に問題となっています。

当セミナーの講師は、車椅子メーカーの技術者として全国を飛び回り、問題と向き合い、解決してきた工学のスペシャリストです。しかも、作業療法士として医学の目線からリスク管理を考え、解決策を研究しました。そのノウハウをたくさんの皆さんと共有し、患者様の明日の安全な生活に生かしてみませんか。

『リスクの把握 ⇒ 技術の習得(整備、点検技術)⇒ 車椅子の管理と継続 ⇒ このすべてがマネジメント』

リスクの因子が出せない様では、問題は見つけられず、当然意識も上がらず、解決ができないという図式になってしまいます。そこで、始めにみなさんとリスクを確認共有し、リスク因子を定義します。この定義から必要な技術、知識を説明し、姿勢管理や姿勢保持、シーティング、フィッティング、褥瘡にまで関係する事を確認しましょう。

定義と技術が習得されれば、そのあとは同じ水準で行えるようにする「管理」と、誰もが再現性ある行動ができるようにする「持続」を考えます。

より具体的な行動レベルにまで落とし込むので、「本当にできるのか」という不安がよぎるかもしれません。そのために全国の病院や施設はどうやっているのか、どのようにリスクマネジメントを行い、問題を解決しているのかを提示します。

リスクという大きなカテゴリーを焦点化し、具体的行動レベルへと導くリスクマネジメントセミナー。全ての利用者の健康と安全、あなたのお仕事へ尽力します。

【参加対象・定員等】看護師 、 理学療法士 、 作業療法士 、 介護福祉士 、 ケアマネジャー
定員 5名【参加費】4,980円(税込)
※参加費のお支払いは、クレジットカード決済または銀行振込のお手続きをお願い申し上げます。詳細につきましてはお申込み後にご連絡いたします。【参加申込先・申込方法】下記URLよりお申し込みをお願いします。
https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33784関連資料 主催・問合せ先日本ユニバーサル リハビリテーション協会TEL042-208-0102FAX-E-mailotmode@jcom.home.ne.jpホームページhttp://universalreha.com/