【4/23 19:00~】高齢者の爪ケアに関するセミナー in ZOOM


介護従事者必見!高齢者の爪ケアに関する無料セミナー、日本爪ケア普及協会がオンラインで無料開催します。

高齢者は爪の状態が悪いと、爪白癬などの病気や歩行のバランスが崩れて転倒リスクが高まります。医療や介護の仕事をしていると「この爪をどうにかしてあげたい」と思うことでしょう。また、爪のケアをどのようにしてよいか不安な方もいらっしゃることと思います。今回のセミナーでは爪ケアの大切さの基本をご案内いたします。

特定非営利活動法人 日本爪ケア普及協会(理事長:松本めぐみ、本社:東京都港区)は保健・医療又は福祉の増進を図る活動の一環として、高齢者の介護従事者向けに爪ケア及びフットケアに大切なポイントをわかりやすくご案内いたします。

急速な高齢化が進む中、介護の業界では良質なケアを施すために試行錯誤が繰り返されています。しかし、爪のケアにおいてはどうでしょう?爪は人命がある限りどんな状況でも伸び続けるので、一見ではわずかにトラブルがある爪をすぐに処置せず数か月放置することで、手がつけられないくらいの状態になることもあります。

高齢者は特に視力の低下や身体の柔軟性の低下などにより、足の爪切りに困っている方も多いのですが、介護者が代わりにケアしたい気持ちとは裏腹にどうやったらいいのか悩むほど爪の状態が悪い方が多いことも事実です。問題の多い足を例に挙げるならば、爪が刺さったり思わぬところから裂けたり、わずかな痛みでさえ歩行への影響が生じるはずなのに、高齢になるとその痛みや違和感も鈍くなります。「痛くない」「何ともない」その言葉を鵜呑みにした介護は、自分の足で歩き続ける意欲を損なわせてしまうことに繋がりかねません。

今回の無料セミナーでは介護・介助の仕事に携わっている方、これから仕事で携わる方、親の介護や障害を持った我が子の介護・介助に携わっている方で、温もりのあるコミュニケーションを効率よく行いたい方に特に役立つ内容となっています。

【オンラインセミナー 概要】  
名称:高齢者の爪ケアに関するセミナー
開催日時:2021年4月23日(金)19:00~20:00
参加費:無料、先着100名
会場:オンライン(ZOOM)

主催:日本爪ケア普及協会

後援:つながる介護 

※申し込み後、追って参加URLをお送りいたします。

※同業者のご参加はご遠慮ください。

ウェブサイト:https://naida.jp/